統合医療110番

メルマガ登録

Gastein

統合医療110番

「統合医療110番」についてのご説明

第1版 2011年6月2日作成
第2版 2011年7月12日更新

はじめに
統合医療110番は、東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所において行われている「統合医療の実態調査」という臨床研究について説明したものです。担当医師からこの研究についての説明をお聞きになり、研究の内容を十分にご理解いただいたうえで、あなたの自由意志でこの研究に参加していただけるかどうか、お決めください。

ご参加いただける場合は「同意する」を選択の上、「統合医療110番」へご参加ください。

1.臨床研究について 

それぞれの病気の診断や治療は、長い期間をかけて進歩・発展してきて現在の方法になっています。また、より効果的で安全な治療を患者さんにお届けするためには、これからも医療の進歩・発展は重要なことです。このような診断や治療の方法の進歩・発展のためには多くの研究が必要ですが、その中には健康な人や患者さんを対象に実施しなければならないものがあります。これを「臨床研究」と言います。臨床研究は患者さんを始めとした多くの方々のご理解とご協力によって成り立つものです。
臨床研究にはいろいろな種類がありますが、今回ご説明する研究は「質的研究」と呼ばれているものです。これは、新しいお薬や治療法を試す研究ではなく、情報を収集し、その結果を「質的に評価」させていただくものです。これらのデータを分析することにより、よりよい治療方法の開発に役立てようとするものです。したがいまして、あなたからの情報を利用させていただくことが、今回の臨床研究でお願いすることです。
なお、この臨床研究は、東京女子医科大学の「倫理委員会」で厳密な審査を受けており、その承認により実施するものです。

2.あなたの病気の治療法について

あなたが病気である場合は病名と受けている治療について西洋医学、代替医療に拘わらず情報をいただきたいと存じます。病気でない場合は情報をいただける治療法とどういった病気に使用されているのかをお知らせください。

3.この研究の目的

統合医療110番の目的は、統合医療について、市民の目線で見た利点や欠点および受診目的などの実態調査を行い、統合医療に関する現状を把握し、理想的な統合医療を確立するためのものです。
また、WHOのガイドラインや政府(民主党)のマニフェストに基づき、日本の医療システムにおける統合医療の扱い方に関する政策提言をまとめるための調査研究のプロジェクトでもあります。

4.研究の方法

(1)対象となる方
健常者、患者に限らず広く一般の方々が対象です。
(2)統合医療に関する情報を収集します
統合医療に関する利点や欠点を市民が報告できるサイトを立ち上げ、報告内容に基づき、被害に関する質的研究を行います
(3)研究終了後の対応
市民が安心して受診できる統合医療機関を選別、報告します。

5.予想される利益と不利益

(1)予想される利益 
研究の成果により、市民に不利益にならない統合医療機関を選別することができます。
また、研究の成果により、将来的に治療方法が改善し、利益を受ける可能性があります。また、同じ病気の患者さんに貢献できる可能性があります。
(2)予想される不利益
この研究では基本的に不利益はありません。

6.ご協力をお願いすること

この研究への参加に同意いただけた場合にご協力をお願いすることは次の2点です。
① 同意文書に署名し提出していただくこと
② あなたからの情報を分析に利用させていただくこと

7.お守りいただきたいこと

この研究に参加していただける場合には、次のことをお守りください。
① 虚偽の申告はお控えください。

8.研究実施予定期間と参加予定者数

(1)実施予定期間
この研究は、平成23年8月から平成28年3月まで行われます。
(2)参加予定者数
1,000名以上の参加を予定しております。

9.研究への参加とその撤回について

あなたがこの研究に参加されるかどうかは、あなたご自身の自由な意志でお決めください。たとえ参加に同意されない場合でも、あなたは一切不利益を受けませんし、これからの治療に影響することもありません。また、あなたが研究の参加に同意した場合であっても、いつでも研究への参加をとりやめることができます。

10.研究への参加を中止する場合について

あなたがこの研究へ参加されても、次の場合は参加を中止していただくこととなります。あなたの意志に反して中止せざるをえない場合もありますが、あらかじめご了承ください。
① あなたが研究への参加の中止を希望された場合
② この臨床研究全体が中止となった場合

11.この研究に関する情報の提供について

この研究は、あなたからいただいた情報を利用させていただくものですが、あなたの安全性や研究への参加の意志に影響を与えるような新たな情報が得られた場合にはすみやかにお伝えします。
また、この研究に関して、研究計画や関係する資料をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。研究全体の成果につきましては、ご希望があればお知らせいたします。いずれの場合も担当医師にお申し出ください。

12.個人情報の取扱いについて

この研究にご参加いただいた場合、あなたから提供された診療情報などのこの研究に関するデータは、個人を特定できない形式に記号化した番号により管理されますので、あなたの個人情報が外部に漏れることは一切ありません。
また、この研究が正しく行われているかどうかを確認するために、倫理委員会などが、あなたの記録などを見ることがあります。このような場合でも、これらの関係者には、記録内容を外部に漏らさないことが法律などで義務付けられているため、あなたの個人情報は守られます。
この研究から得られた結果が、学会や医学雑誌などで公表されることはあります。このような場合にも、あなたのお名前など個人情報に関することが外部に漏れることは一切ありません。この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。

13.健康被害が発生した場合の補償について

この研究では健康被害が出ることはありませんので、この研究による特別な補償はありません。

14.費用負担、研究資金などについて

この研究に関する諸経費は、研究責任者が所属する診療科の研究費で賄われます。したがいまして、ご参加いただくにあたって、あなたの費用負担生じることはありません。尚、ご参加いただくにあたっての謝金などのお支払いもありません。
また、この研究の研究責任者と研究分担者は、東京女子医科大学の利益相反マネジメント委員会の承認を受けており、関連する企業や団体などと研究の信頼性を損ねるような利害関係を有していないことが確認されております。

15. 知的財産権の帰属について

この研究から成果が得られ、知的財産権などが生じる可能性がありますが、その権利は東京女子医科大学に帰属します。

16. 研究組織

この研究は以下の組織で行います。

【研究代表者】
東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所副所長 准教授 川嶋 朗

【研究事務局および責任者】
東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所所長 教授 加茂登志子
住 所:東京都港区北青山2-7-13
電 話:03-5411-7192

【参加施設】NPO統合医療塾

【検査施設】(検査はありません)

17. 研究担当者と連絡先(相談窓口)

この研究について、何か聞きたいことやわからないこと、心配なことがありましたら、以下の研究担当者におたずねください。

【研究担当者】
東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所副所長 准教授 川嶋 朗

【連絡先】
東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所
住 所:東京都港区北青山2-7-13
電 話:03-5411-7192