統合医療110番

メルマガ登録

Gastein

7月8日(土)市民講座@横浜弘明寺本堂

7月の講座は「薬」がテーマです。統合医療をテーマとして、医療体系を論じることが多い市民講座では有りますが、今回は「薬」のあり方に触れていきたいと思います。医療に欠かせない物の1つに薬が挙げられます。しかし、近代西洋医学が一方的に取り組まれる中で、伝統的な医療と共に、伝統的な薬剤の考え方も排除されてしまいました。医療の在り方の見直しが始まる中、薬剤の在り方はあまり熱心に論じられる事は有りません。現在、論じられている薬の1つに、「大麻」が有ります。日本人が大麻を利用してきた歴史は古く、薬剤だけでなく、神事や衣類、生活用品に広く応用されて来ました。近年、大麻の薬理効果が見直され、その応用をめぐって大きな論争を呼んでいます。この講座では、その是非に答えを出すものとは考えていませんが、その可能性を探る時間になれば幸いです。また、それが統合医療の役割とも言えるのではないかと考えています。

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;7月8日(土)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;福田一典先生(銀座東京クリニック院長)

テーマ:医療大麻って何?

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;日程が決定し次第ご案内致します

コメントは受け付けていません。