統合医療110番

メルマガ登録

Gastein

nakamura@togoiryojuku.org

11月18日(土)市民講座@横浜弘明寺本堂

11月の講座は「身近な食材」がテーマです。統合医療のテーマとして医療体系を論じることが多い市民講座では有りますが、今回は「食」のあり方に触れていきたいと思います。健康に欠かせない物の1つに日頃の食事が挙げられます。しかし、近代栄養学が指導してきた内容に違和感を感じた事は有りませんか?食品に含まれる成分だけが注目され細かく論じられる事は多くても、伝統的な食事や季節の食べ物など、生活に活きた食生活は無視されがちです。普段の生活に必要なもは、病院食ではなく、日常を豊かに過ごしていく為の食事です。食育の普及と共に、伝統的な食事や楽しい食事の考え方は排除されてしまったかの様な風潮です。高野山に訪れるヨーロッパ人の多くが日本に残る活きた薬膳料理として宿坊の精進料理に着目しています。日本には何気無い日常に健康を維持する秘訣が隠され来たと言われています。今回講演頂くミハエラ先生はルーマニアのご出身です。ルーマニアと日本で医学を修められたミハエラ先生も助言されています。身近な食材を大切にし、体を労わりましょうと。この講座では、その是非に答えを出すものとは考えていませんが、その可能性を探る時間になれば幸いです。また、それが統合医療の役割とも言えるのではないかと考えています。

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:11月18日(土)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;ミハエラ・シェルブレア先生(国連大学常任研究員)

テーマ:身近な食材の薬膳効果 〜ハチミツも立派な生薬〜

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;日程が決定し次第ご案内致します

7月8日(土)市民講座@横浜弘明寺本堂

7月の講座は「薬」がテーマです。統合医療をテーマとして、医療体系を論じることが多い市民講座では有りますが、今回は「薬」のあり方に触れていきたいと思います。医療に欠かせない物の1つに薬が挙げられます。しかし、近代西洋医学が一方的に取り組まれる中で、伝統的な医療と共に、伝統的な薬剤の考え方も排除されてしまいました。医療の在り方の見直しが始まる中、薬剤の在り方はあまり熱心に論じられる事は有りません。現在、論じられている薬の1つに、「大麻」が有ります。日本人が大麻を利用してきた歴史は古く、薬剤だけでなく、神事や衣類、生活用品に広く応用されて来ました。近年、大麻の薬理効果が見直され、その応用をめぐって大きな論争を呼んでいます。この講座では、その是非に答えを出すものとは考えていませんが、その可能性を探る時間になれば幸いです。また、それが統合医療の役割とも言えるのではないかと考えています。

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;7月8日(土)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;福田一典先生(銀座東京クリニック院長)

テーマ:医療大麻って何?

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;日程が決定し次第ご案内致します

コラム市民講座21(3月28日)〜檜垣祐子先生編

 長年、アトピー性皮膚炎の診療に取り組んで参りましたが、心身医学的なアプローチ、つまり心のケアの大切さを強く感じます。診療では行動科学の手法を取り入れ、患者さんが自立して、治癒に向かっていかれるようサポートしています。患者さんが主役、皮膚科医は伴走(または伴奏) するのが役目だと思っています。アトピー性皮膚炎の心のケアのコンセプトは、そのまま女性の皮膚トラブルやそのほかの皮膚疾患にも応用できます。スキンケアでは、小手先のハウツーではなく、ご自分の肌の機能、自活力を生かした、シンプルなケアをお勧めしています。皮膚のトラブルが、健康とは何か、いのちとは何か、を考えなおすきっかけになることも少なくありません。多様ないのちをそのまま生かす、曼荼羅の世界観は、皮膚とこころ、そしていのちのケアにそのまま通じているような気がします。     若松町こころとひふのクリニック院長 檜垣祐子

 クリニックHP(http://mesc-japan.com/) 診察は要予約

コラム市民講座20(9月18日)〜竹村牧男先生編

仏教の生死輪廻観――阿頼耶識を中心に (要旨)

 仏教では、地獄ないし天上の六趣(六道)を経めぐるという、生死輪廻があると説く。その仕組みは、生有・本有・中有・死有の四有の説や十二縁起説によって説明された。その背景には、善因楽果・悪因苦果の行為(業)の法則があるとされた。一方、仏教は常住で不変で主宰者であるような我の存在は否定した。では、無我なのにしかも生死輪廻するのは、どのようにしてなのであろうか。この問題は、唯識学派が提示した意識下の阿頼耶識の説によって解決される。刹那刹那生滅しつつ相続される阿頼耶識に、行為の情報が貯蔵されることによって、過去が消えても未来にその影響力を及ぼしていく仕組みが解明されたのである。

東洋大学学長 竹村牧男

4月8日(土)市民講座@横浜弘明寺本堂

4月の講座は「病苦」がテーマです。病苦の会によって支えられている市民講座では有りますが、これまで「苦」そのものに触れてきた事はありませんでした。お釈迦様の日に重ねて、苦楽を過ごす毎日を見つめ直し、どうして苦しいのか?どうして苦から解放されていくのか?を考える時間を皆様と過ごせたら幸いです。病という現象だけに捉われず、四苦八苦を乗越え、苦楽を共に人生を全うする糧となれば、それが最も統合医療と言えるのではないかと考えています。

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;4月8日(土)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;竹村牧男先生(東洋大学学長)

テーマ:苦を見つめ、苦からの解放をどうするか?

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;5月18日(日)13:00〜14:00

講 師;降矢英成先生(ホリスティック医学協会会長)

テーマ:ホリスティック医学って何?

3月28日(火)市民講座@横浜弘明寺

3月の講座は「皮膚とこころ」がテーマです。こころのあり方で皮膚が影響を受けていると感じる時は有りませんか。疲労感や寝不足などに留まらず、悲しい気持ちや不安な気持ちなど「こころ」の揺らぎが与える皮膚への影響は多岐に及びます。皮膚も臓器の一つです。臓器である皮膚が「こころ」のあり方で影響を受けるのなら、当然、他の臓器機にも影響が有る事は容易に想像ができます。欧州では診断時に個々人の宗教が問われます。それは、こころの拠り所として大切にされているらです。今回講演頂く檜垣先生は、真言密教の懐の深さを診察に応用すべく、高野山大学での教育を受けれら始めました。様々な経験からこの選択に至った経緯に、これから求められる医療の在り方が聞かれると思います。

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;3月28日(火)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;檜垣裕子先生(若松町こころとひふのクリニック院長)

テーマ:皮膚とこころと密教哲学

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;4月8日(土)13:00〜14:00

講 師;竹村牧男先生(東洋大学学長)

テーマ:苦を見つめ、苦からの解放をどうするか?

2月28日(火)市民講座@横浜弘明寺本堂

2月の講座は「統合医療」がテーマです。当塾の塾頭である川嶋先生から統合医療の基礎知識をお話し頂きます。

私たちが思い描いてる「医療」とは何でしょう?先入観によって医療の常識を決め付けていませんか?「医療」の在り方を考える事は、日常からできる体調管理や大病への予防にも繋がります。体を労る知識を身につけ、病院とは無縁の身体作りも統合医療の目指すところでもあります。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;2月28日(火)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;川嶋朗先生(統合医療塾塾頭)

テーマ:気になる医療の常識を学んでみませんか?

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日程内容が決まり次第報告致します

9月18日(日)市民講座@横浜弘明寺本堂

9月の講座は「仏教」がテーマです。日本に生まれ育った方であれば少なからず、仏教や儒教の精神が流れ込んでいるいるのではないでしょうか?

日常的に統合医療が溢れている欧州では、宗教や心の在り方がとても大事にされています。個々人が人生を全うする事は、生まれてから死を迎えるその直前まで変わらぬ日常生活を求めるその事に他ならないからです。特に医療の現場では、自らの宗教観や心の拠り所を明らかにする事を求められます。それは治療方針を決定してく過程で、患者と医師との間に交わされる最も重要なコミュニケーションの一つとして取り扱われているからです。仏教の考え方の中にある「識」の仕組みと「業」の在り方から、仏教の世界に少し触れ、考えてみましょう。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、「様々な医療」体系を正しく理解し受け入れることです。その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;9月18日(日)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;竹村牧男先生(東洋大学学長)

テーマ:仏教の生死輪廻観 〜阿頼耶識の世界を中心に〜

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日程内容が決まり次第報告致します

8月8日(月)市民講座@横浜弘明寺本堂

8月の講座は「子育て」がテーマです。学校が夏休みのこのシーズン、社会問題になっているにも関わらず、どこか他人事になり勝ちな「子育」を考えてみませんか?お話し頂きます柴崎先生はどんな状況になっても子育てに直視しなければならないお母さんの立場を手助けする事業に従事されて来ました。

核家族や少子化など子育ての機会が少なくなり、「子育」に関する経験の機会が激減しています。自分の子供にただただ独り悩まれている事も多いと聞き及びます。しかし日本では、「育児」と「子育」が両立が強く求められます。ここにシッターの様な制度がなかなか社会に馴染まず、負担が重なる。生活の中には、急な用事もあり、医療や介護など国家レベルでの課題が家庭に持ち込まれています。統合医療を求める方に女性が多いのは、変わらぬ日常生活を求めているからです。子育うつなどが急増する日本に、この現状へ自らが気付く事が求められています。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、「様々な医療」体系を正しく理解し受け入れることです。その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;8月8日(月)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;柴崎方恵先生(マザーグース代表取締役)

テーマ:怒鳴らない子育て練習法

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;9月18日(日)13:00〜14:00

講 師;竹村牧男先生(東洋大学学長)

テーマ:仏教の生死輪廻観 〜阿頼耶識の世界を中心に〜

7月8日(金)市民講座@横浜弘明寺本堂

7月の講座は「放射線療法」がテーマです。3月の講義では身の回りの放射線をお話し頂きましたが、今回は参加者の方ら声で「放射線治療」に用いられる放射線のお話しを頂きます。

近代医学の一つとして重要視されている放射線療法ではありますが、その仕組みを知る機会は少ないと思います。今回の講座では西洋医学の功績の一つでもある放射線療法の仕組みを考え直してみたいと思います。福島の震災以降、何かと話題になる放射線ですが、暗に避難するのではなく、私たちが選べる医療手段とし、その情報は広く共有されるべきであると考えます。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、「様々な医療」体系を正しく理解し受け入れることです。その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程;7月8日(金)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;曽我文宣先生(応用原子力技術研究振興財団調査参与)

テーマ:放射線治療について 〜医療に応用される放射線〜

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;8月8日(月)13:00〜14:00

講 師;柴崎方恵先生(マザーグース代表取締役)

テーマ:怒鳴らない子育て練習法

日 程;9月18日(日)13:00〜14:00

講 師;竹村牧男先生(東洋大学学長)

テーマ:阿頼耶識と日本人の死生観(仮題)