統合医療110番

メルマガ登録

Gastein

nakamura@togoiryojuku.org

コラム市民講座19(6月18日)〜古賀義久先生編

 病因の内因(心のストレス)、外因(環境のストレス)、不内外因(自己の不摂生)により氣血の流れが乱れ臓腑の変調が経絡を通して経穴に反映されます。
 治療法は鍼灸、漢方薬、導引・気功・指圧・按摩等があり経絡、経穴を刺激し氣血の流れを整え自然治癒力を回復させます。その応用として自分で出来る食事法、運動法、呼吸法、ツボ刺激法と思考法を調整し東洋医学の知恵を日々の養生に活用し健康を勝ち取りましょう。

東京有明医療大学大学院教授 古賀義久

コラム市民講座18(5月8日)〜串田剛先生編

 現在予備軍も含めると認知症800万人時代。2025年には3人に1人が認知症かMCI (Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)になるとも言われています。西洋医学の治療薬も優れていますが、進行は遅くできるが、治らないというイメージが世間では強く、治療よりケアに重点がおかれています。しかし認知症は糖尿病生活習慣病とも深く関係し、慢性炎症や酸化ストレスとも関連しているとも言われていますのでその予防法や治療法を駆使すると明らかな症状の改善例も現れております。軽快させることが可能な疾患としての認知症を知っていただき、あきらめない治療戦略と患者様のケアの考えを統合医療的観点から提示しました。

医療法人桂仁会 光クリニック理事長/院長 串田剛

webサイト;http://www.hikariclinic.net 

6月18日(土)市民講座@横浜弘明寺観音

6月の講座は「東洋医学」がテーマです。今回お話し頂く古賀義久先生には、教育の現場から医療に求められる変化の一つとしての「東洋医学」をお話し頂きます。

医学という学問を考えた時、多くの方は西洋医学のそれを思い浮かべる事が多いかと思います。しかし、世界には伝統的な治療方法が活かされ、実用的な医療として応用されている事の方が多くあります。東洋医学もその一つです。しかし西洋医学が現代人にももたらした功績は大きく、その存在を否定する事はできません。今回の講座では西洋医学と東洋医学を単純に比較し批判するのではなく、私たちが選べる医療手段とし、選択肢を広げるための情報共有です。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、「様々な医療」体系を正しく理解し受け入れることです。その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:6月18日(土)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;古賀義久先生(東京有明医療大学保健医療学部教授)

テーマ:東洋医学と健康法

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;7月8日(金)13:00〜14:00

講 師;曽我文宣先生(応用原子力技術研究振興財団調査参与)

テーマ:放射線治療について 〜医療に応用される放射線〜

コラム市民講座17(3月28日)〜曽我文宣先生編

放射線を正しく理解すること 〜日常に活用されている放射線の色々〜

 放射線を正しく理解することを目的として「放射線および加速器の利用」と題して講演をしました。実は私達は、日常多量の自然放射線にとりまかれています。それはほとんど無害で必要以上に恐れることはありません。一方、放射線、特に粒子加速器による応用は非常に発展していて、医療用のものが日本では圧倒的に多いのですが、その基礎的原理から始まって、学問研究、産業応用の多方面において、その現状を解説しました。 

    続編として7月8日に第2弾の講演を予定しております。

5月8日(日)市民講座@横浜弘明寺本堂

5月の講座は「認知症」がテーマです。今回お話し頂く串田剛先生は、脳神経外科としてのキャリアを活かし病気と心の問題にも広く関心を持たれ、患者さんへのトータルケアの必要性に着目され活動を続けておられる先生です。

現在、認知症は予備軍も含めると800万人時代となり、近い将来には3人に1人が認知症か軽度認知障害になるとも言われています。しかし認知症は生活習慣病とも深く関連し、その予防法治療法を駆使することによって明らに回復する例も現れております。これからは治る疾患として認知症と受入れ、あきらめない治療戦略と患者さんとのケアを一緒に考えていくきっかけになれば幸いです。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、「様々な医療」体系を正しく理解し受け入れることです。その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:5月8日(日)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;串田剛先生(光クリニック院長)

テーマ:認知症「予防 治療 ケア諦めない新時代の戦略」

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;6月18日(土)13:00〜14:00

講 師;古賀義久先生(東京有明医療大学保健医療学部教授)

テーマ:東洋医学と健康法

4月8日(金)市民講座@横浜弘明寺観音本堂

4月の講座は「統合医療」がテーマです。毎年恒例ではありますが、当塾の塾等であります川嶋先生から新しいテーマで体の基礎知識をお話し頂きます。日常からできる体調管理は大病を予防することにも繋がります。体を労る知識を身につけ、病院とは無縁の身体作りのきっかけになれば幸いです。統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。「様々な医療」体系を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

✴︎お詫び;ホームページに障害が生じてしまった為、内容の更新に時間を要して仕舞いました。ご迷惑をおかけいたしました。

日 程:4月8日(金)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;川嶋朗先生(統合医療塾塾長)

テーマ:病気の9割は「あいうえお」で防げ!

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;5月8日(日)13:00〜14:00

講 師;串田剛先生(光クリニック院長)

テーマ:認知症「予防 治療 ケア諦めない新時代の戦略」

3月28日(月)市民講座@横浜弘明寺本堂

3月の講座は「放射線」がテーマです。福島震災以降、放射線に関する様々な情報が交錯し、未だ冷静な判断ができずにいる方多いのではないのでしょうか?「放射線」を利用してきた歴史はまだまだ浅く、その取り扱いには工夫がいる状況ではあるかと思います。しかし、レントゲン撮影やMRI、放射線治療など様々な分野で放射線は利用され活用されています。また、放射線は日常的に宇宙から降り注いできます。防ぐものと応用するもの。正しく理解することで、安全な生活を考えるきっかけにしてみませんか?

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。生物が生まれ進化の過程には必ず「放射線」が存在しました。医療検査や治療にも大きな助けとなる「放射線」を正しく理解し、その可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:3月28日(月)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師;曽我文宣先生(医用原子力技術研究振興財団調査参与

テーマ:「放射線治療と自然放射線」〜放射線を正しく理解しよう!〜

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;4月8日(金)13:00〜14:00

講 師;川嶋朗先生(統合医療塾塾長)

テーマ:病気の9割は「あいうえお」で防げ!

10月18日(日)市民講座@横浜弘明寺本堂

10月の講座は「病院との関わり方」がテーマです。医療費の高騰ばかりが取り上げられ、医療の在り方が十分に議論されていない状況の中、”いざ”という時の病院との関わり方、担当医との関わり方など、ご自身の健康管理に必要な身近な事の重要性をお話し頂きます。日本の医療制度は世界に類を見ない程の行き届いた公共福祉制度です。しかし、現代西洋医療と体に負担の無い医療との間に歪みが生じています。「私は町医者」を掲げながらも、先進医療や統合医療の最先端にも精通した先生の「患者さんが求める医療情報の提供」の意義についてお話し頂きます。生きる事、病とたたかう事を本質的に考えるきっかけにしてみませんか?

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。小さな自然の力が心と体調を管理に大きな助けとなる可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:10月18日(日)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:丸野紀子先生(ひぐらし内科整形外科 院長)

テーマ:医師を味方につけて医療機関と上手に付き合いませんか?

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;決定次第ご案内致します

6月28日(日)市民講座@横浜弘明寺本堂

6月の講座は「運動で予防」がテーマです。メタボリック症候群やロコモティブ症候群に代表される様に、現代は病気を治す時代から病気を予防する時代へと変化しています。効果的で安価でそれほど時間のかからない運動による病気の予防方法をご提案頂きます。運動によってどのような病気が予防できるのか、現代西洋医療がすすめる運動療法の意義と東洋医学の観点からの運動の意義についてお話し頂きます。しかし、運動というとそれ自体も続けるのが難しかったり、足腰が悪くてできないなどの問題もかかえているかたも多いはずです。そのような方にでもできる簡単な運動法について、作業療法士の先生から実学指導も頂く予定です。生きる事、病とたたかう事を本質的に考えるきっかけにしてみませんか?

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術や知識をも最大限に活用する医療体系です。小さな自然の力が心と体調を管理に大きな助けとなる可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:6月28日(日)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:河合秀彦先生(ふじの町クリニック 検診センター院長)

テーマ:運動による病気の予防 -現代西洋医学と東洋医学から-

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;決定次第ご案内致します

コラム市民講座16(10月18日)〜松薗りえこ先生編

薬に頼らずうつが治る統合医療講座

薬に頼らずうつを治す当院(東京港区 アグライアサンクチュアリクリニック)の治療内容について統合医療の面からお伝えした。医療気功とカウンセリング(マインドフルネス、あるがままメソッド)が主軸の治療であり、具体的な症例を示して理解を促した。精神科・心療内科領域では、ストレスによる身体と心の緊張状態をほぐすことが大切であり、医療気功・カウンセリングは効果的であると結論した。

アグライアサンクチュアリクリニック 院長 松薗りえこ
電話 03-3402-3442
ウェブサイト http://www.aglaiasaly.com/