統合医療110番

メルマガ登録

Gastein

メールマガジン(Doctor)

3月8日(日)市民講座@横浜弘明寺観音

3月の講座は「自分と向合いバランスを整える」がテーマです。インドやその周辺地域に伝承されるヨーガは、その有効性からスポーツジムなどでも気軽に体験できる程に広がりをみせています。しかし、その本義は形式化を急ぐあまり間違って伝えられている事が多い事をご存知でしょうか? ヨーガの歴史は長く、また伝統医療として深く研究されています。医療としても広く応用されているヨーガには様々な意味や方法論が確立しています。活用法を理解すれば、より効果的に応用できる伝統医療の1つなのです。今回は自宅でもできる簡単な体操なども盛り込み、ヨーガの歴史や可能性を知って頂くため企画しました。

マットの上で無理な姿勢を作ることばかりが印象のヨーガですが、是非この機会にヨーガの本質に触れてみませんか?

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術知識も最大限に活用する医療体系です。小さな自然の力が心と体調を管理に大きな助けとなる可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:3月8日(日)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:加藤祥子先生

テーマ:健康ヨーガセラピー  〜心身の健やかさを体験!〜

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

お問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;4月8日(水)13:00〜14:00

テーマ;未定

講 師;川島朗先生(統合医療塾塾頭)

2月18日(水)市民講座@横浜弘明寺本堂

今月の講座は「自然の力で心のバランスを整える」がテーマです。イギリス発祥のバッチフラワーレメディーは、バッチ先生によって発案されました。そしてその手法は、「花の力」を借りて心のインバランスを整えていく、とてもマイルドな統合医療として欧米では広く活用されています。個々人に備わった個性を理解し、補う形でアプローチしていくバッチフラワーレメディーは種類も限定さている事から、日常の健康管理に応用されています。その汎用性の広さは、妊婦や乳児にも活用できる安全面からも支えられています。日本にはあまり知られていない統合医療の一つですが、是非この機会に触れてみませんか?

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術知識も最大限に活用する医療体系です。小さな自然の力が心と体調を管理に大きな助けとなる可能性を統合医療の中に見出しててみまんせか?ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:2月18日(水)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:林サオダ先生(一般社団法人バッチホリスティック研究会代表理事)

テーマ:花の力をかりて行う心の統合医療 ~バッチフラワーレメディー~

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

お問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;3月8日(日)

テーマ;健康ヨーガセラピー 〜心身の健やかさを体験!〜

講 師;加藤祥子先生

1月25日(日)統合医療塾課外授業3のお知らせ

統合医療はその対象が広く、塾カリキュラム内では伝え切れない内容が沢山有ります。そして、実際現場でそれらを的確に提供していく為には、人員の確保やその専門性など多くの課題を抱えます。これらの活きた問題を統合医療塾課外授業として扱い、広く参加者の交流を図る事で、今現場に起きている問題を共有し、実現可能な統合医療の材料となる様、企画致しました。分野を超え、多くの方が情報交換できる場になれば幸いです。第3回目は、塾頭の川嶋先生に統合医療でないと捉え難い「エネルギー」療法の分野をテーマに展開していきます。統合医療が解決して行かなくてはならない問題と、それらの取組など各講師の方からお話し頂きたいと思います。

 

講 師;川嶋朗(統合医療塾塾頭);エネルギー療法総論

.         ;三田奈保子(統合医療塾第5期卒塾生);ホメオパシーの基礎知識と応用例

.         ;林サオダ(一般社団法人バッチホリスティック研究会代表理事);バッチフラワーレメディーの基礎知識と応用例

.         ;加藤祥子;ヨーガ療法の基本概念と応用例

.          以上4名の講師により、実践的な統合医療に関するお話しを頂きます。

日 時;1月25日(日) 13:00〜17:00(12:00〜受付開始)

会 場;表参道交差点より徒歩2分の会議室(地下鉄『表参道』駅より徒歩2分)

    一般の事務所会議室を利用するため、申込された方に住所を送らせて頂きます。

対 象;医療従事者(コメディカル分野の方も含みます)及び関連学生の方

会 費;統合医療塾卒塾生 15,000円、卒塾生以外 18,000円、学生 5,000円

申 込;統合医療塾 事務局 担当まで(中村 ;nakamura@togoiryojuku.org)

懇親会;17:00〜 近隣会場にて予定しております(参加費別途頂きます)

 

今後の予定

2月22日(日)13:00〜 「検診」をテーマに調整しております。

会場、内容が決定次第お知らせ致します

3月も予定しております。

また、統合医療塾第8期カリキュラムは2015年4月より開始する予定です。

1月18日(日) 市民講座@横浜弘明寺本堂

新年の講座は「健康診断」がテーマです。健康診断は身体の見えない部分を最小限の負担で検査する医科学的な分析です。しかし、多くの方は時期が来たから何となく受けているのが現状では無いでしょうか? 体重が増えた減った。コレステロールが高い低いなど、単一的なデータの判断が一般的だと思います。健康診断には様々な検索方法や種類が有り、客観的に健康状態を知る有効な手段としての役割が有ります。他国と比べて健康診断を受ける機会が多い日本ではこれらの診断で自身の健康状態を知る機会が多いのです。これを逃す手は有りません。しかし、病院や専門機関で受けられる健康診断にもウソホントが多々有ります。

統合医療は西洋医療を否定するのもではなく、その技術知識も最大限に活用する医療体系です。健康診断を受けることはその大きな第1歩なのです。季節や年齢による身体の変化には個人差があり、全てを把握する事は極めて困難です。しかし、健康診断は微妙におこる変化(個体差)を知る為にとても役立ちます。医師の目から見た健康診断の活用法とウソホントを活かし、先ずはご自身の身体に興味を持って下さい。

身体の仕組みを理解し、無理なく体調管理する方法を統合医療の中に見出しててみまんせか?

ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:1月18日(日)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:石橋明博先生(石橋メディカルイメージング有限会社代表取締役)

テーマ:「健康診断の上手な使い方 〜医者から見たウソホント?〜」

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

お問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日 程;2月18日(水)

テーマ;花の力をかりて行う心の統合医療 ~バッチフラワーレメディー~(仮題)

講 師;林 サオダ先生(一般社団法人バッチホリスティック研究会代表理事)

11月30日(日)統合医療塾課外授業2のお知らせ

統合医療はその対象が広く、塾カリキュラム内では伝え切れない内容が沢山有ります。そして、実際現場でそれらを的確に提供していく為には、人員の確保やその専門性など多くの課題を抱えます。これらの活きた問題を統合医療塾課外授業として扱い、広く参加者の交流を図る事で、今現場に起きている問題を共有し、実現可能な統合医療の材料となる様、企画致しました。分野を超え、多くの方が情報交換できる場になれば幸いです。第2回目は、理事の水上先生に統合医療に求められる難病患者の声にどう応えていくかをテーマに展開していきます。統合医療が解決して行かなくてはならない問題と、それらの取組など各講師の方からお話し頂きたいと思います。

 

講 師;水上治(統合医療塾理事);統合医療が必要とされる難病分野への取組み

.            ;松薗りえこ(統合医療塾第3期卒塾生);難治性のうつ病やその周辺のご家族のケア

.            ;中村健二(統合医療塾第6期卒塾生);がん患者にむけた相談窓口サービスの展開

.            ;放射線計測技師( 公)放射線計測協会);放射線や放射線測定方法に関する医療分野の基礎情報

.          以上4名の講師により、実践的な統合医療に関するお話しを頂きます。

日 時;11月30日(日) 13:00〜17:00(12:00〜受付開始)

会 場;渋谷区文化総合センター大和田2F「学習室1」(http://www.shibu-cul.jp/access.html)

対 象;医療従事者(コメディカル分野の方も含みます)及び関連学生の方

会 費;統合医療塾卒塾生 15,000円、卒塾生以外 18,000円、学生 5,000円

申 込;統合医療塾 事務局 担当まで(中村 ;nakamura@togoiryojuku.org)

懇親会;17:00〜 近隣会場にて予定しております(参加費別途3000円頂きます)

 

今後の予定

1月25日(日)13:00〜 会場、内容が決定次第お知らせ致します

2015年2月、3月も予定しております。

また、統合医療塾第8期カリキュラムは2015年4月より開始する予定です。

10月28日(火)市民講座@横浜弘明寺本堂

10月は「ココロの可能性」がテーマです。何気ない日常の中でココロが傷付き身体を患ってしまう事があります。しかし、病院に行っても目立った異常は無く、でも「何か調子が悪い」そんな経験をした事がありませんか? 身に起こる事態が自身に備わった可能性を見失わせているかもしれません。それが、皆さん全員が待つ「ココロの治癒力」です。特に大病を患った時、忘れられ勝ちなのが自分の心の声。心のあり方が治療結果に大きな違いを見せる事は多々有るのです。

今回お話し頂く松園先生は精神科医として統合医療に取組まれ、マインドフルネスという最先端の治療を積極的に取り入れられている数少ない先生です。マインドフルネスは瞑想や呼吸法などの技法を使い、「今ここ」に意識を集中し、浮かんでくるものを客観視しながら価値判断せずに受け入れることを練習し、否定的な考えや行動を繰り返さないようにする心理療法です。

心や身体の仕組みを理解し、無理なく体調管理する方法を統合医療の中に見出しててみまんせか?

ぜひ多くの方のご来場お待ちしております。

日 程:10月28日(火)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:松園りえこ先生(アグライアサンクチュアリクリニック院長)

テーマ:薬を使わずにうつが治る代替医療講座

会 費:無料(直接会場にお越し下さい)

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

お問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

 

次月のご案内

日程、講演内容等決まり次第お知らせ致します。

 

特別シンポジウム「祈りと病苦」のお知らせ

日 程;11月15日(土)13:00〜

会 場;高野山大学 黎明館

詳 細;病苦研究会ホームページをご参照下さい http://byoku.or.tv

7月28日(月)市民講座の訂正とお詫び

先ほど配信させて頂きました7月28日の市民講座のご案内文中、開催日に間違いがございましたので、訂正してお詫び致します。

正)7月28日(月)13:00〜

取り急ぎ用件にてご容赦下さい。

統合医療塾 中村元隆

書籍のご案内

福岡博史先生の編著による書籍が発売されましたので、ご紹介致します。

「歯科統合医療」 株式会社医学と看護社出版

http://www.igakutokangosha.jp/shikatogo.html

 

コラム市民講座11(11月18日)〜中村健二先生編

新聞や雑誌の「今日の星座」の順位をみて、あなたは一喜一憂していませんか?この情報を聞き流しているだけでは、貴重な助言を取り逃がしています。

「今日の星座」の話は、ホロスコープとそれを読み解く占星術から成り立っています。ホロスコープは、円盤状に12星座が区分されていて、太陽系の10個の天体配置が示されています。占星術は、このホロスコープを読み解くもので、その哲学は、誰でも日常的に直感している意外と簡単な哲学から出来上がっています。

例えば「積極的な人・消極的な人」という2区分から仕分ける見方、「活動的な人、慎重な人、優柔不断な人」という3区分から仕分ける見方、「情熱を大切にする人、現実を大切にする人、知性を大切にする人、気持ちを大切にする人」という4区分から仕分ける見方。この3つの仕分け方を組み合わせることで12星座の特徴を整理しています。そして、「今日の星座」はあなたが生まれた時の太陽がどの星座にあったか?「ならば・・・こうだ」と説明するのです。その仕組みは、牡羊座から始まる12星座を順に巡る人間成長の物語となっていて、自分の人生のテーマを読み解けるのです。また、あなたが「苦手な人」の星座の特徴からも、なぜ苦手なのか?その理由が見えてきます。あなたが無意識に「苦手」としていた理由を意識することで感情に振り回されなくなり、あなたは寛容になり、これまでの関係が変わります。

中村健二

(質問等は統合医療塾HPのお問い合わせよりご連絡ください)

 

コラム市民講座10(10月8日)〜市野さおり先生編

「足指に見る五大元素」

足指は、過去を記憶してもいます。

何故なら、「思い」は、「おもい」→「重い」ので、脳がもう要らないと判断した感情や記憶は少しづつ下がっていき、足指の変化に現れるのです。

仏教で謳っている五大元素を足に見立て、それぞれの足の変化にどのような意味が込められているかをお話させて頂きました。

細胞が記憶している処理できていない感情たちを消化して昇華させる。

そこから、新たな健康と幸せに、一歩踏み出すことが出来るのです。

気になる指は?好きな指は?少し治したい指?などをお伺いし、親指は空、人差し指は風、中指は火、薬指は水、小指は土

外反母趾が表すのは…、小指のタコが意味するものは…

講演終了後、裸足のまま駆け寄って来て、この指こんなことがあったからこうだったのか!この指にこんなに意味があるのならもっと綺麗にします!と、皆さまから沢山足を見させて頂きながら、ご体験談を伺う事も出来ました。

アメリカの「Toe Reading」をベースにしたお話でしたが密教信者の皆様には、スッと馴染んで頂けたようにも思います。

足に携わる者として、こうした事をきっかけに、皆様の心身の健康維持のお役に立つことが出来れば嬉しく思います。

 

トータルヘルスケアサポート「Confianza」

主宰 市野さおり