統合医療110番

メルマガ登録

Gastein

活動報告

5月8日(木)市民講座@横浜弘明寺

5月の市民講座は「肩の荷を降ろしてみる」をテーマにお話し頂きました。鍼灸医として活躍される佐々木先生は、「サイモントン療法」の普及にもご尽力されており、3月にご講演頂きました川畑先生からも「サイモントン療法」のお話しが少し有りましたが、反響が大きかった為、改めてお話し頂く事になりました。心に溜まったコリを見付け解放していくサイモントン療法は、患者意識の改善に留まらず、人生に重く伸し掛った心のコリを解していきます。必要とされる治療を最大限発揮させるためにも、心をコリを解す事、自身を大切にする事の大事さをサイモントンは伝えています。

医療従事者も患者も「凝り固まる」こと事で、見えない束縛を自身に掛けているかもしれません。自身を優しく解放してみる事の大事さの気付きになれば幸いでです。多くの方のご来有難うございました。

日 程:5月8日(木)13:00〜14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分

講 師:佐々木弘先生(三島広小路治療院院長)

テーマ:「あぁ~、すっきりした!」と感じる癒しって何でしょう?

~身体のコリと心のコリ 鍼灸治療からサイモントン療法まで~

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

9月18日(水) 市民講座@横浜弘明寺観音

9月は「好きな事をする」がテーマでした。宮川明子先生は、テーマにもある「人間、好きなことしかしちゃいけない」をモットーにアロマテラピーを活用した女性の体づくりを提唱されています。また先生の活躍は日本に留まらずヨーロッパや中米にも拡がっており、フットワークの軽さには驚かずにいられません。そして必要な素材はご自身の手で畑作りから取組まれ、私たち日本人の為、日々奔走されているパワフルな方です。単なるアロマテラピーの活用ではなく、個性を活かし、活き活きとした毎日を送るための体つくりを目指されております。ご自身の経験、体験を交えたお話しには、苦労を活きる力に変えられて来た先生独自の「好きな事」が満載で、明日への活力を頂きました。

今月も多くのご来場、誠に有難うございました。

日 程:9月18日(水)13:00~14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分 http://www.gumyoji.jp/accessmap/index.html

講 師:宮川明子先生(マザーオフィス代表取締役)

テーマ:「人間、好きなことしかしちゃいけない」

〜自分の好きなことをする、見付ける事で元気になれる〜

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

7月7日(日) 第6期統合医療塾卒塾発表会

第6期医療塾卒塾生発表会を終えました

第6期統合医療塾も発表会をもって、無事全カリキュラムを終え、第6期塾生が無事修了卒業されました。今期からの試みで、会計分野の講義も取入れる事で、より実践に向けた内容の充実が図れたと考えております。

一人でも多くの方に統合医療の考え、心身の健康が伝わる事を願い、来期に向けて準備をする次第です。

日時;7月7日(日)発表会 13:00〜  懇親会 17:00〜

会場;東京女子医大学 講堂(弥生記念地下1階)

参加;卒塾生(内容に医療的な個人情報を含む為入場を制限させて頂きます)

6月8日(土) 市民講座@横浜弘明寺観音

6月は「歯」をテーマにお話し頂きました。鏡でしか見る事の出来ない「歯」へのケアはどの様にされていますか?様々な病気と口腔内の健康状態との関係が多方面から報告され、そのケアの重要性が示唆されています。治療方法に恐怖を感じる事が多い歯科分野は、症状が重篤になになってから病院にかかる方が多い様です。だからこそ、生体に刺激の少ない統合医療が歯科分野にも求められています。ちょうど虫歯週間(6月4〜10日)にあたるこの日に改めてお口の健康、そして統合医療を一緒に考えてみました。

今月の多くの方のご来場、誠に有難うございました。

日 程:6月8日(土)13:00~14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分

講 師:福岡博史先生(福岡歯科理事長)

テーマ:「歯科に通っている人は、なぜ健康長寿になれるのか?」

~ 歯科統合医療で元気いっぱい! 〜

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

5月18日(土) 市民講座@横浜弘明寺観音

今月は現代人の生活に欠かせない「動物」をテーマにお話し頂きました。色々な動物たちにも、実は統合医療が求められています。そんな現状を、実際動物たちに行われている治療の現場の視点から解説頂きました。私たちの生活に大きな影響を与えるペットだけにとどまらず、食品として扱われる動物にも、どの様な医療を選択していくべきか問われているのです。

普段、医療と言えば人間だけの物と錯覚して仕舞い勝ちですが、視点を少し変えてみると、これまで考えもしなかった問題が見えて来ます。医療も一方的に提案されるものから、目的に向かって選択するものへと変わって来ている事がよく分かりました。新緑の気持ちより日和の中、多くの方ご来場頂き、誠に有難うございました。今日から統合医療を一緒に考えてみまんせか?

講 師:濱田太先生(ウェスト動物病院院長 http://www.west-ah.com

テーマ:「動物に対する統合医療の実際」

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

お問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

4月8日(月)市民講座@横浜弘明寺本堂

「統合医療」そのものをテーマに統合医療塾塾頭の川嶋朗先生からご講演頂きました。「統合医療とは何なのか?」「患者さんに必要とされている医療とは何なのか?」、日々変わりゆく医療のあり方だけでなく、選べる医療医療の可能性を模索し、医療界に提案し続けておられる現状を熱く語って頂きました。

 医療を変える事ができるのは患者側からの努力も必要と、受け身でない医療も提案されていらっしゃいます。平日にも関わらず本当に多くの方のご来場頂きました。誠に有難うございました。今年度も市民講座を何卒よろしくお願い致します。

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分

講 師:川嶋朗先生(東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所所長)

テーマ:「患者中心の医療―統合医療とは?」

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

3月28日(木) 市民講座@横浜弘明寺観音

3月は「足裏」をテーマにお話し頂きました。「足裏の色や角質シワなど様々なサインが、あなたの心身を語っています。何処へ行くにもあなたを支える足は、本当をあなたをよく知っているのです。足裏からのメッセージを受け取り、日々を健康に満足に過ごしていきたいものですね。日々の健康チェックに使える、足の見方をお話します。足を出して、じっくり観察してみましょう!」会場にお見えになった多くの方が靴下の脱いで、足裏を覗きながらの講演会は桜の花散る陽気な春のお堂にもってこいの内容だったと思います。

足の模型を使って分かりやすくお話し頂いた時間はあっという間で、次回は足の裏から足の表の講演会をお約束頂き、自身で実践できる統合医療のお話しは終了致しました。

本当に多くの方のご来場有難うございました。

日 程:3月28日(木)13:00~14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分

講 師:市野さおり先生(コンフィアンサ 足裏療法家)

テーマ:「足裏にみる、心とからだ」

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

お問合せ:真言宗病苦研究会本部事務局 弘明寺内 045-711-1231

2月8日(金) 市民講座@横浜弘明寺観音

2月は「楽しく食事を変えてみる」をテーマにお話し頂きました。糖尿病を事例に食事のあり方をご指導下さいました小池先生による食事指導講座の第2弾でした。「糖質制限食」が一般的に話される様になって来ましたが、多く方が「制限」の2文字に捉われてしまい、厳しく糖質を抜く事がこの本義と考えてしまっていた様です。日常から始められる正しい食事の栄養学でした。統合医療において最も大切なお話しのひとつでしたし、日常から始められる統合医療のお話しでした。

本当に多くの方にご来場頂きました。有難うございます。またのお越しをお待ちしております。

日 程:2月8日(金)13:00~14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分

講 師:小池弘人先生(小池統合医療クリニック院長)

テーマ:「正しい食事の選び方」 ~食事を楽しく改善して行く方法!~

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

 

1月18日(金) 市民講座@横浜弘明観音

今年最初の市民講座にも多くの方にご参加頂きました。有難うございました。

今回は「気持ちを吐き出して良い」医療をテーマにお話し頂きました。心が苦しい時、「医療」は何をしてくれるのか?お医者さんにも言えない本当の気持ちが有る事を積極的に理解し、医療において重要なポイントであると考えている先生の講演でした。医療にも個性があり、気楽に受けられる治療の選択肢が有る事を教えて頂きました。心に余裕が産まれると、悩んでいた病のあり方も少しずつ変わります。今日から統合医療を一緒に考えてみまんせか?

講 師:三田奈保子先生(戸塚共立第2病院 耳鼻咽喉科非常勤)

テーマ:心地よくなる医療、あります!

     〜辛い気持ちや不安は吐き出して、微笑みを取り戻しましょう。〜

主 催:NPO法人 統合医療塾

共 催:真言宗 病苦研究会

 

12月28日(金)市民講座@横浜弘明寺観音

年の瀬の曇天にも関わらず100名近いご来場を頂き有難うございました。

今回は西洋の漢方とも言われている「ホメオパシー」をテーマにお話し頂きました。イギリスやドイツではとても広く活用され、英国王立病院では治療の中心に置かれています。もちろんエリザベス女王もホメオパシーを利用されています。多きな可能性を秘めたホメオパシーは欧州を中心に様々な結果が報告され、その具体的な症例をご提示頂き解説して頂きました。また、カウンセリングを大事にしているホメオパシーによる治療は、まさに統合医療の代表の1つと言える事がお分かり頂けたと思います。

日 程:12月28日(金)13:00~14:00

会 場:弘明寺観音 京急弘明寺駅下車徒歩1分

講 師:板村論子先生(帯津三敬塾クリニック院長)

テーマ:正しいホメオパシーの理解のために